お通じの悩み、ある? ない?

こんにちは。
今日は多くの女性が悩むお通じについて考えてみます。

私たちが食べたものは食道、胃、小腸を経て
大腸に送られますが、
大腸にくる段階では、栄養のほとんどが
吸収されています。
大腸に入ってくるのは、
繊維などのカスや水分です。

それらは、大腸を通過する間に水分が吸収されて
直腸、肛門から排泄されますが、
この間、大腸は自ら伸縮をくり返すことで
便を肛門のほうへ送るのです。

何らかの理由で大腸の働きが鈍くなると、
排泄されずに、中に滞留してしまいます。
これが便秘です。

便秘の大きな原因として挙げられるのが次の4つです。

(1)排便反射

朝起きたときには、
昨日のうちに食べた食物のカスが
大腸に集まって排泄されるのを待っています
朝ごはんが胃の中に入ると、
腸の運動がはじまって直腸の方へ押し出されます。
これが排便反射です。
朝、忙しくて便意があってもトイレに行かずにいることを
くり返していると、
正常な排便反射が失われて便秘をおこします。

 

(2)ストレス

精神的な緊張、不安、イライラが続くと、
大腸の伸縮が激しくなって
腸が細くなることがあります(涙)。

 

(3)運動不足

身体を動かさないでいると、
大腸の伸縮運動が弱まり、
押し出す力が弱くなってしまいます。
コロナ禍の時に、自宅にこもることが多くなり
便秘がちになった方が多かったのもうなづけますね。

 

(4)水分不足

便の材料になる水分が足りていないと、
排泄物が固くなって、外に出にくくなります。

これらをケアするには

①できるだけ朝食をとって(みかん1つでも)
トイレにいくのを習慣にする。
②ストレスをため込まないようにする。
(ものすごく大事なテーマ、別途取り上げなければ…)
③適度な運動をする。
④水分をこまめに取る。

ということになりますが、

さらに重要なのは〜〜〜〜〜

腸を柔らかくすることです

それは腸の動きを良くすることに直結しています。
押し出す力の源になります。

 

お腹をチェックしよう!

ちょっとお腹を触ってみてください。
温かいですか?
冷たいですか?

お腹が冷たくなっている方は、
たいていの場合、腸が硬いのです
温かい人は、
腸がほぐれていることが多いです。

腸がほぐれて柔らかくなると
伸縮の動きがよくなって
お通じのリズムがでてきます。
本当です!

良いことは、それだけではありません。
お腹からたくさんの血液が全身に流れます。
体が温かくなり、
免疫力のアップにもつながります。

 

イルチブレインヨガのレッスンでは、
独自の腸運動というものを必ず行います。
また、へそヒーリングという
お腹のマッサージ方法もお伝えしています。

お通じがよくなったという方々の声が
たくさん届いています♪

 

🌏イルチブレインヨガ新宿スタジオ
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-8-5 東弥ビル 2階
TEL : 03-3358-2753 /FAX : 03-3358-2863
https://ilchibrainyoga-shinjuku.com/
体験のご予約、お問合せはこちらからも。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

次の記事

つながりの質