生活に瞑想を

仕事で疲れていたけど、体を動かしてみたらかえって元気になった、なんて経験はありませんか?

私たち現代人は、頭や気を使いすぎて疲労困憊していることが多いですね。

脳だけで栄養分や酸素を使い果たしてしまい、体がぐったりとしてしまうのです。

これは、体と脳のバランスが崩れた状態だといえます。

そんなときは、置き去りにされていた「体」に意識を向けてみることがよいでしょう。

心を休めて、体に集中します。

そうすると、体の血流がスムーズになり、新鮮な酸素が隅々まで届くようになります。これが疲労回復への近道になり得ます。

瞑想は、心と体をつなぐことができます。

気分転換のために行う山登りやハイキング、水泳と同じように、瞑想もストレスをほぐす有効な手段になります。

瞑想をすることで、自分の肉体から離れてしまっていた意識が元に戻ってきます。

脳がスッキリして、集中力が回復していきます。

瞑想を生活に取り入れてみませんか。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

前の記事

脳の機能