淡々と眺める

瞑想して心を落ち着かせても
ネガティブな感情は起こります。
寂しかったり悲しかったり
ときには腹が立つこともあります。
それは極めて当然のことです。

私たちには肉体があり
多くの人や出来事と
関わりながら生きていく限り
こうした感情が
起こらない状態にはなり得ません。

いつも晴れの日ばかりではないように。
曇ったり、風が吹いたり
雨が降ることもあるように。

そんな変化を淡々と眺められる
心の中心が必要です。

◆…………………………………◆
ILCHI希望の手紙

◆…………………………………◆

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

前の記事

ゴミ箱を空にする

次の記事

自然とわたしたちの関係