体は意識と心の家

120歳まで健康に生きたいなら
体に主人の存在を絶えず伝える必要があります。

横になっているときと
立って動いているときとでは
意識と心の状態が違います。
横になると、意識も心もとても落ち着きますが
元気よく動くときは意識が目覚めます。

体は意識と心の家です。
体を動かすのは
あなたが体の主だと
自分に伝えることなのです。

横になるのを好まないでください。
怠け癖に負けないでください。
手をグーパーしたり
体を手で叩いたり
外に出て歩いたり
絶えず動いて体を訓練しましょう。

怠けると老化が早まり
マメに動くと筋肉がつきます。
これが長寿の秘訣です。

◆………………………………◆
ILCHI希望の手紙

◆………………………………◆

 

つい怠けたくなる時も、よし!と声をかけて自分の体と心を元気に、ステキな家にしていきましょう~😊

今日もファイト✊

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

前の記事

許す心

次の記事

樹木瞑想