この時期は、希望とともに迎えた4月からの新生活がひと段落し、当初描いていたイメージと現実とのギャップに悩まされることも多くなるころ。

「一生懸命やっているのに新しい仕事についていけない」「職場環境になじめない」といった焦りも感じやすいです。

また、5月は季節の変わり目で気温の変化が大きく、自律神経のバランスも崩れやすくなります。

ストレスケアは、心身の健康はもとより、仕事の集中力や生産性にも直結する大事な問題です。 

 

【やっぱり運動!】


ストレスに乱されがちな心をリフレッシュするには、やはり「運動」が一番です。

体を動かすことによって「脳」にもたらされるメリットには様々なものがあると、多くの専門家が指摘しています。

その一つが、脳内ホルモンのバランス改善。

適度な運動をすると、セロトニンやドーパミンの生成が活発になることが分かっています。

セロトニンは別名「幸せホルモン」 と呼ばれるくらい、人間の精神面に大きな影響を与える物質で、メンタルの安定に貢献するとされます。

ドーパミンは、やる気を出したり、気分を高めたりする働きをもつと言われています。

 

【不安を和らげる瞑想】


もう一つ、ストレス解消に役立つとして注目されているのが瞑想です。

カナダのウォータールー大学らの研究チームが2017年4月に学術誌「Consciousness and Cognition(意識と認知)」に発表した論文によると、1日10分の瞑想をすると、気持ちが落ち着き、集中力が高まるとのこと。とくに不安な心理状態にある人には、瞑想の効果が高いとの実験結果が出たといいます。

また、イギリスのロンドン大らの専門家チームが学術誌「eCAM」の2012号で発表した論文によると、瞑想法の一つ「脳波振動」を行うと、憂うつな気分が改善され、眠りにつきやすくなるといったメリットが確認されました。

脳波振動は、イルチブレインヨガの基本トレーニングの一つで、だれでも簡単にできる瞑想法です。

 

この機会にぜひ一度体験にいらしてください!

 

体験の予約はこちら

*******************************

イルチブレインヨガ新宿スタジオ

〒160-0022

東京都新宿区新宿 2-8-5 東弥ビル 2F

03-3358-2753

*******************************